BeanUtils の使い方

かなり前に書いた記事を, ちゃんとまとめてみました.

BeanUtils の使い方サンプルです.

JUnit4 のテストケースとして書いてみました.

続きを読む

広告

JIS X 0213:2004(JIS2004) と Java と PHP と RDBMS

ずいぶん前に, EC-CUBE の ML へ投稿した話題ですが, どうも過去ログに埋もれているので, 再度まとめてみます…

Windows Vista で, 日本語の文字集合に, JIS X 0213:2004(JIS2004) が採用されました.

このため, 扱える漢字が増えたり, 字体が変化したりして, さまざまな影響があります.

EC-CUBE を代表する PHP のアプリケーションや, Java の場合, どのような影響が考えられるでしょうか.

以前, Windows Vista での影響調査をする機会があり, いろいろ調べましたので, ちょっとまとめてみます.

続きを読む

新しいプログラミング言語を習得するための15の方法

新しいプログラミング言語を習得するための15の方法
http://d.hatena.ne.jp/kajidai/20061025/1161711473
hanoimania!
http://www.kernelthread.com/hanoi/
で、紹介されている言語すべてで、この15の方法が書けるようになったらすごいだろうなーと。
sendmail.cf で書くとかはさすがに無理かもしれないけれど、少しずつでもいいからやってみようかなと思ったりする(笑)
続かなかったらスミマセン。
まずは Java からかなぁ。

続きを読む

Subversion でモジュールを管理する

Java に限らず、アプリケーションを開発する場合において、いくつかのアプリケーションで共通的に使用するモジュールを作成すると思います。
Subversion の svn:externals 属性を使用すると、これらの共通モジュールを管理するのが非常に楽になります。
ディレクトリ単位でしか使用できませんが、かなり重宝します。
使い方は簡単。
svn:externals という属性をディレクトリに対してセットしてやるだけで、そこで指定したリポジトリのディレクトリを update した時にコピーしてくれます。
詳しくは下記参照
Subversion – 外部定義

Eclipse から GWT を起動する for Mac

GWT が Mac OS X にネイティブ対応 したので、早速導入。
基本的には projectCreator で Eclipse のプロジェクトを作って、 Terminal から applicationCreator でデバックしながら開発という感じになるんでしょうけど、これだと Eclipse の デバックモードが使えず、ちょっと不便。
ということで、 Eclipse から起動させる方法を模索。
最初は、googlipse というプラグインを使ってみたのだけど、–XstartOnFirstThread の引数がないと怒られる。
あいにく、googlipse は、 任意の引数を与えることができないらしい。
試行錯誤のあげく、起動構成から直接 GWTShell をたたくことで成功。
具体的には、
1. 実行→構成および実行を選択。
2. メインタブで任意のプロジェクト(GWTTest)を選択、メインクラスは com.google.gwt.dev.GWTShell を指定
3. 引数のタブで、 プログラムの引数に下記を追加

 -port 8888 -out "www"   jp.example.GWTTest/GWTTest.html

4. VM引数に下記を追加

-XstartOnFirstThread

5. クラスパスのタブで、拡張をクリック、プロジェクトのディレクトリである src と bin をクラスパスに追加
これで実行をクリックすると、 Eclipse から GWT の hosted mode が立ち上がります!
さあ、ばりばりやるぞー

Google Web Toolkit (GWT) を Mac OS X で開発する

記事は少し前に見つけていたのですが、なかなか時間が無く、やっと試すことができたのでまとめてみます。
Java で Ajax の開発ができる!という Google Web Toolkit (GWT)が大変注目を集めています。
が、開発環境としてサポートしているのが、Linux (GTK+ 2.2.1+) と、 Windows XP/2000 のみということなので、 Mac OS X ユーザーは非常につらいところ。
この開発環境を何とか Mac OS X で動かすことができないかと, いろいろ調べてみたところ, Google Code に Issue #7480804 – Mac OS X support for Google Web Toolkit というのを発見.
そこに, Using GWT on Mac OS X: How To Guide という Google Group の記事があったので試してみました.

  • まず, http://www.eclipse.org/swt/ から, Mac OS X の SWT をダウンロードし, ‾/Library/Java/swt 等へ展開.
  • Linux 版の GWT をダウンロードし展開.
  • GWT を展開したディレクトリへ移動し, 下記のコマンドを実行. GWT プロジェクトを作成.
    % ./projectCreator -eclipse GWTTest -out ‾/Documents/workspace/GWTTest
    

    こうすることにより, Eclipse のプロジェクトが作成されます. プロジェクト名と, workspace のパスは, 環境に応じて書き変えてください.

  • 次に, 下記コマンドで必要なファイルを生成.
    % ./applicationCreator -eclipse GWTTest -out ‾/Documents/workspace/GWTTest jp.example.gwttest.client.GWTExample
    

    GWT アプリケーションは, 必ず client パッケージを指定する必要があるようです.

  • 生成したプロジェクトのディレクトリへ移動すると, GWTExample-shell や GWTExample-compile といった shell スクリプトが生成されていると思うので, GWTExample-shell を下記のように編集.
    #!/bin/bash
    APPDIR=`dirname $0`;
    java ¥
    -XstartOnFirstThread ¥
    -cp "$APPDIR/src:$APPDIR/bin:/foo/bar/gwt-linux-1.1.10/gwt-user.jar:/foo/bar/swt/swt.jar:/foo/bar/gwt-linux-1.1.10/gwt-dev-linux.jar" ¥
    -Djava.library.path=/foo/bar/swt ¥
    com.google.gwt.dev.GWTShell -out "$APPDIR/www" "$@" jp.example.gwttest.GWTExample/GWTExample.html;
    

    具体的には, 次のオプションを追加.
    -Djava.library.path には, SWT を展開したパスを指定して下さい.

    -XstartOnFirstThread
    -Djava.library.path=/foo/bar/swt
    

    クラスパスの gwt-dev-linux.jar の前に, swt.jar のクラスパスを追加しました.

      編集した GWTExample-shell を Terminal 等から実行すると, GWT アプリケーションがホステッドモードで立ちあがります.

%E3%83%92%E3%82%9A%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3%201.png
しかし, GWTExample-compile でWebモードへコンパイルしないと, GWTアプリケーションが動作しないようです..(苦笑)
Compile/Browse ボタンも動作しないようです..
つまり, JavaScript へコンパイルしないと動作しない模様..
ホステッドモードで debug 可能なのが GWT の良さでもあるので, 魅力半減..
でも, いちいちブラウザを立ちあげて確認するよりも, 少しは手間が省けるので, Mac OS X が正式にサポートされるまでの繋ぎとして使うのにはこれで我慢ですね..