OpenOffice.org 2.0

ちょっと前にインストールしたのだけど、ほとんど使ってなくて、ちょっと手が空いた(現実逃避とも言う 爆)ので、さわってみた。
インストールや、日本語を使えるようにするのに、少々難があるものの、初期設定さえできてしまえば使い勝手は上々。
OS X でのインストールや日本語設定方法は、ここを参考にすると良いでしょう。

OS X ハッキング OpenOffice.org 2.0の日本語環境を整備する

http://pcweb.mycom.co.jp/column/osx/153/
個人的に注目な機能は、MS Access のようにデータベースにアクセスできる「Base」。
Mac だと、FileMaker Pro が有名ですが、買ってまで使わないし^^;
せっかく、PostgreSQLでいろいろ開発してるので、これをなんとか生かせないかと思ってました。
早速、Base の設定開始。
最初は、PostgreSQL用のSDBCドライバを使おうかと思ったのですが、うまく動かず。
インストールはできているみたいなのだけど。
仕方ないので、JDBCドライバを使うことにしました。
ツール->オプション->OpenOffice.org->Java を開いて、クラスパスをクリック->アーカイブを追加をクリックし、PostgreSQLのJDBCドライバのjarアーカイブを指定します。
その次に、
ファイル->新規作成->データベース をクリック、既存のデータベースに接続をクリックし、JDBCを選択。
データソースのURLを入力(jdbc:postgresql://localhost/ユーザー名 とか)、JDBCドライバクラスには、 org.postgresql.Driver を指定します。
テストクラスのボタンをクリックして、正常にドライバを読み込んだ旨のメッセージが表示されればOKです。
次の画面で、データベースのユーザー名とパスワードを入力し、testconnection のボタンをクリックして、正常に接続されれば準備完了。
テーブル一覧とか表示されるので、あとはMS Access みたいにフォームを作ったり、クエリを作ったりできます。
社内アプリだったら、わざわざWebアプリにしなくても、これで十分ではないかなぁ。
かなり使えそうです。

広告

Firefox 1.5

Firefox 1.5 リリースされたので入れてみた。
いろいろよくなってるみたい。速い。
ついでに、AdSense の Firefox紹介プログラムなるものが始まったようなので、これもいれてみた。みんなクリックしてくれい(爆)
# Acid2 はまだクリアできないようです。
Movable Type のカスタムテンプレートをはやくあげなければ。。。
明日納期だし(汗
SixApart の Blog on Business みると、大手の製品紹介ページでの Movable Type 導入がかなり増えてる様子。
もう、Blog には見えないですね。
http://www.sixapart.jp/business/
がんばらねば。

Acid2 Test

Mac OS X 10.4.3 Update で、 Safari がアップデートされ、 Acid2 のテストをパスできるようになったとのこと。

Mac OS X 10.4.3 Update (Delta) について

http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=301984-ja
実際にやってみたら、ちゃんと スマイリーが表示されます。ちょっと感激。(:
Safariは input button が独自のデザインなので、個人的にはそれがたまにきず。 button に CSS かけたとき、確認には Firefox つかえばいいのだけどねえ。

Google 電卓

先日、Google の電卓がアップグレードしたらしい。
Google は、単なる検索エンジンとしてではなく、電卓としてつかえるのをご存知ですか?
たとえば、1+1 とフォームに入力して検索すると、ちゃんと2という答えが返ってきます。

Google の電卓機能

http://www.google.com/intl/ja/help/features.html#calculator
http://www.google.com/help/calculator.html
物理定数を使用した、かなり複雑な数式まで計算できます。
かなり複雑な数式は、今までも出来たのだけれど、
「45 キログラム*42.195 キロメートルをキロカロリーで」
とか、
「地球の半径をキロメートルで」
とか、
「人生、宇宙、すべての答え」
という計算まで答えを出してくれます。すごい。
「10ヤードをメートルで」のような単位換算が簡単にできるのは便利。
「1000円を米ドルに」という通貨換算もできるので、使い方を覚えるとかなり使えます。

Google の特殊機能

http://www.google.co.jp/intl/ja/help/features.html
ここにいろいろ載ってますが、路線検索までできるのは便利ですねえ。