職人のこだわり

Life is beautiful: Born to code
そうやって愛しい我が子を育てる様にコードを一行一行書いていく
 何百万人、何千万人もの人に使ってもらえる日を夢見ながら
プログラミングという楽しみがある時代に生まれて来ることができた幸せを噛み締めながら

前職が寿司屋の板前だった僕にとって, プログラミングというのは同じ職人気質の仕事.
多くの共通している部分があります.
違う部分は, ドキュメントを書くことかな…
板前は, 先輩の仕事を見て覚える.
エンジニアは, 後世のためにドキュメントを書く.
しかし, 現場が大規模化していったら, 職人の世界も同じようにドキュメントを書く能力が必要になってくると思います.
でも, 一番大切なのは, 「愛情」だと思っています.
料理に対して, いかに「愛情」を注げるか.
コードに対して, いかに「愛情」を注げるか.
チームに対して, いかに「愛情」を注げるか.
顧客に対して, いかに「愛情」を注げるか.
「愛情」を実感することが一番の幸せではないでしょうか.


by はてな

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中